北海道

ハッカ物語

「白花豆×ハッカ」ユニークかつ伝統のある北見の銘菓

北海道北見市の『株式会社山樹氷』さんが作る『ハッカ物語』は大粒の白花豆の甘納豆にハッカの糖衣をまとわせたユニークなお菓子。『ハッカ×豆』という組み合わせのお菓子は斬新だと感じますが、その歴史は古く、昭和25年から続くロングセラー商品です。

ちなみに『ハッカ物語』は同社のロングセラー商品『ハッカ樹氷』の姉妹品となるシリーズのようで、『ハッカ樹氷』は大正金時豆が使われているのに対し、『ハッカ物語』は大粒の白花豆が使われています。

大粒の白花豆がハッカの糖衣をまとっています。それにしてもハッカってこんなにも白いんですね。ハッカの香りもあって目の覚めるような感じです。北見は北海道の道東に位置しますが、雄大な大自然に囲まれている場所、その自然の恵みをフルに発揮し、表現したすごさを感じるお菓子です。

白花豆の甘納豆がものすごく上質で美味しいです。味わいもハッカの糖衣とこんなに自然に溶け合うなんて意外でした。

当初の予想では結構ユニークな味わいなのかと考えていましたが、意外にもとても調和がとれていて自然な味わい。長い間親しまれてきたのがよくわかる美味しさです。ハッカ×甘納豆がこんなにも相性がいいとは驚くと思いますよ。是非一度お試しください。

1袋(102g):388円( 税込)

北海道のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する