福岡県

二○加煎餅(にわかせんべい)

一度見たら忘れない博多仁和加の半面の表情

福岡市のお菓子屋さん『東雲堂』さんは明治39年創業の老舗お菓子屋さんですが、東雲堂といえばこの『二○加煎餅』が全国的にも有名なお菓子です。福岡に長い歴史と伝統を持つ郷土芸能の『博多仁和加(はかたにわか)』の際に用いられる『にわか面』という半面をかたどったお煎餅。

お煎餅といっても、卵と小麦粉の素朴な甘さが美味しいちょっとクッキー的な味わいのお煎餅だと思います。自分の中では札幌の千秋庵さんの『山親爺』と同じジャンルで括っていまして、大好きなお菓子です。

なんといってもこの表情ですね。

チカラの抜ける感じのユニークな表情。一度見たら忘れない印象深いお煎餅ですね。

味は卵と小麦粉のシンプルな素材ですが、素朴な甘さが後を引く感じの美味しさ。コーヒーともよく合うので私は和菓子と洋菓子の中間といった感じでとらえています。

最近ではこんなかわいい表情のバージョンもたまに入っているようです。

伝統芸能の半面をそのまま、愉快さを失わずに表現するあたりが、実に福岡らしい思いきりの良さと面白さを感じるお煎餅です。ちなみに今回買ってきたのはサイズ”小”らしいのですが、中サイズの他に”特大サイズ”があるようです。特大は本当にお面と同じくらいの大きさのようです、食べたい。

1袋(3枚入り×3包)::432円(税込)より

福岡県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する