富山県

甘金丹(かんこんたん)

甘金丹(かんこんたん)

富山の定番名菓、読みの音が可愛い「カンコンタン」

富山県を中心にお菓子屋さんを展開する『リブラン』さんの作る富山銘菓『甘金丹(かんこんたん)』は名前の読み方がキャッチーなお菓子ですが、富山では非常に有名な存在のお菓子で、同じくリブランさんの作る『富也萬(とやまん)』と並び定番のみやげ菓子となっています。

富山銘菓甘金丹

カスタードクリームをカステラスポンジの中に閉じ込めた、ちょっと洋菓子風味のお菓子。和菓子文化の深い越中富山では結構ユニークな存在かもしれません。外側の柔らかなスポンジケーキは軽い口当たりでいくつでも食べれてしまいそうな食感です。

甘金丹の断面

中はカスタードクリームがバランスよくたっぷり入っています。

甘金丹の側面

綺麗な断面、写真を撮るために半分に切りましたが、ほんとなら一口で食べてしまいたい感じです。

仙台の名物のお菓子「萩の月」によく似ていると言われがちですが、富山にも仙台にも暮らし、両方をよく食べていた私から言わせるとクリームの質感が明らかに違いますね。萩の月が卵風味の強い割としっかりしたカスタードクリームであるのに対して、甘金丹の方がより柔らかいとろりとしたカスタードクリームに感じます。

甘金丹おいしい

この写真を見ればクリームの質感がだいぶ違うのが萩の月を好きな人にも分かると思います。それにしても卵風味のカスタードクリームと柔らかいスポンジケージは完璧な相性ですね。

甘金丹パッケージ

パッケージに書かれているコピーが渋い。『マコトニ美味ナル風味ニシテ万人ノ好評ヲ博スルコト疑イナシ。食シテ良シ、贈リテ良シ、末永キゴ愛顧ヲ望ムナリ。』ちょっと武士の辞世の句っぽいですね、笑

でもコピーに偽りなしです。「食シテ良シ、贈リテ良シ」な「甘金丹(かんこんたん)」でした。

一個あたり 162円(税込)より

富山県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する