三重県

シェル・レーヌ

王道を行く、三重県発、超本格派マドレーヌ

三重県伊勢市でスイーツを製造する『ブランカ』さんの作る『シェル・ブール』は超本格派の王道を行くマドレーヌです。

パッケージには『第22回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞受賞』の文字。この博覧会に行ったことはないので、どのくらいすごいことだかは分かっていませんが、大会に出て賞をもらってしまうくらいのマドレーヌなのだということで、期待です。

開封すると、そこには純然たるマドレーヌの姿。どこからどう見ても360度マドレーヌで、スタンダートなホタテ貝のシェイプです。持った感触はちょっとズシっとしていて、重厚な印象です。

半分に割ると美しいと言っていいほどの焼き菓子の断面。地元の農場で生産された鶏卵と三重県産の小麦粉である「アヤヒカリ」を使用し、ひとつひとつ丁寧に手で焼いているとのことです。また天然の「パールシェルカルシウム」を加えているということですが、ホタテガイの粉末のことなのでしょうか、、カルシウムもふんだんに入っているようです。味に影響があるのかは分かりませんが、。

とにかく間違いない美味しさ、いままで食べたマドレーヌの中でもクオリティが抜きんでている感じがしました。”全国菓子大博覧会 名誉総裁賞”の肩書きは伊達じゃないっす。日本の三重県の地産の材料で作られたマドレーヌがこんなにもクオリティが高いなんてなんだかロマンを感じます。

1個:172円(税込)

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する